SRIでも採用! 環境にやさしい針なしステープラー

投稿日:

12月発売となる新商品「針なしステープラー」の本体見本を使う機会がありましたので、実際に試してみました。

針なしで環境にもやさしく、針補充の必要もないので手間いらず。
紙とじと穴あけが同時にでき、効率もあがります。

エコロジー発送のステープラー、貴社も導入してみませんか?


「針なしステープラー(2穴タイプ)」の特長  

  1.金属針なしで用紙がとじられる
金属針などの消耗品を一切使用せずに用紙をとじられます。用紙の廃棄時に針をはずす必要がないため分別の手間がかかりません。また、針先に指が触れることがないため安心して使用できます。

紙とじする様子

 

  2.業界最多(※)、10枚までしっかりとじられる
とじる機会が多いPPC用紙最大10枚まで対応できます。1度に2カ所をとじるため用紙がしっかりととまります。
※2009年10月末現在 コクヨS&T(株)調べ

社内文書を針なしステープラーで閉じた様子
10枚の書類をしっかり閉じられました!


  3.業界初(※)、ワンアクションで紙とじと2穴あけが可能      
コクヨ独自の機構によりハンドルを1度押し下げると、用紙の2カ所をとじると同時に2穴ファイル用の穴があくのでそのままファイルに収容できます。この商品を使用して配付資料を作成すると、受け取った相手は保管用にパンチ穴を開ける作業が不要になります。
※2009年10月月末現在 コクヨS&T(株)調べ

ワンアクションで紙をとじる仕組み


SRIでは、この針なしステープラーを導入することを決めました。

針がないので、リサイクルにもやさしい。
不要になった書類は、機密文書回収ボックス・たまって箱へ。




SRIへのお問い合わせ